水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫の豆知識 > 水虫の臭いの原因は細菌のしわざ

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

水虫の臭いの原因は細菌のしわざ

水虫になると足が臭くなるとよく言われます。

 

わかりやすいのが長時間、靴やブーツを履いた状態です。水虫に感染している方の場合、足が蒸れた状態をつくってあげると臭いのキツさが歴然としてわかります。自分でも気づくほどの生温かい体臭のようなものが感じられる筈です。

 

 

この臭いは水虫が原因で起きた臭いなのでしょうか?

いいえそうではありません!
実は水虫そのものから臭いは出ていないのです。

 

 

ここでは水虫と臭いの関係をひも解いていきます。

 

人間の体というものは良く出来ていて水虫が足の角質層に感染すると、あなたの体内の免疫機能が働いて皮膚の中からリンパ液が分泌されます。リンパ液は体に害が及ぶ物質だと判断して無意識で水虫菌と戦うのです。そして水虫と戦ったリンパ液は汗と混ざって足の角質を湿らせていき柔らかくしていきます。そして次からが問題の臭いの原因になります。

 

通常時でも皮膚の表面にはブドウ球菌などの細菌類がいて皮膚に入り込むすきを伺っています。しかし細菌類は硬い皮膚に覆われている足の裏の角質層までは侵入できないでいるのです。

 

ただ水虫とリンパ液が戦っているときだけは角質が柔らかくなっています。ここを狙って細菌類はすぐさま角質層に入り込み活性化をはじめます。活性化した細菌類は脂肪酸などの腐敗性物質を次つぎに作り出していきます。この最近類が作り出したものこそが強烈な悪臭を発生させているのです。また臭いには水虫と戦ったリンパ液の死骸や汗も悪臭を発生させる原因になります。

 

よく脇の下が汗臭いといいますが、脇の下も汗が臭いのではなくて汗に細菌がつき活性化したことで起きる細菌の臭いが原因なのです。

 

水虫の臭いの原因は水虫菌(白癬菌)ではなく、細菌の仕業だったのです。

悪臭を放つ水虫の種類

悪臭は水虫そのものの仕業ではないということがお分かりいただけたかと思いますが、ここでは細菌類が活性化しやすいといわれる水虫の種類についてご紹介しておきます。

 

水虫のなかでも特に細菌類を活性化させ悪臭を発生させる原因になる水虫は、「趾間びらん型水虫」と「角質増殖型水虫」このふたつの水虫は特に注意が必要な水虫の種類です。

 

趾間びらん型水虫は指の股(間)にできる水虫でして指の間は乾燥しにくいので細菌が活性化しやすい環境を作ってしまいます。一方、角質増殖型水虫は角質が柔らかくなっている箇所から細菌が入り込み悪臭を発生させます。

臭いを軽減させる方法

一番の解決法は水虫を全て排除してしまうことにあります。しかし水虫は市販薬を湿布したくらいでは治りませんし、皮膚科で治療を受けたとしても即、解消できるような弱い菌ではありません。

 

そこで少しでも臭いを軽減させるには、お風呂で足の指を丁寧に洗うだけでも細菌の付着を軽減させることはできます。また洗うことで細菌やリンパ液の死骸、汗も洗い流せますから多少の効果はあります。そしてよく乾燥させることで細菌の活性化を鈍らせます。

 

ただし臭いの原因の水虫を完全に消滅させたわけではありませんから、靴を長時間履いてしまえば元に戻ってしまうことは説明するまでもありません。残念ですが悪臭は繰り返し発生します。

 

 

臭いを止める最大の有効薬は、水虫をきれいに完全に治すことです!

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード