水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫の豆知識 > 水虫の繁殖エリアと水虫の好物

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

水虫の繁殖エリアと水虫の好物

水虫が最も繁殖しやすい皮膚は表皮のなかでも一番外側にあたる角質層です。この角質層では細胞分裂が盛んに繰り返され、一定の厚みを保つために新しい皮膚細胞が出来ては古い細胞が削がれていく仕組みになっています。

 

ではなぜ水虫がこの角質層を好んで繁殖するのかといいますと、この角質層ではケラチンというタンパク質が作り出されています。角質層そのものがケラチンで出来ているといってもよいでしょう。水虫はこのケラチンというタンパク質が大好物でして、ケラチンを溶かす酵素でもあるケラチノーゼをもっているのです。

 

そのなかでも特に足の裏の角質は水虫が繁殖しやすい高温多湿な状態がつくられているので、水虫の発症する場所は足の裏の角質が一番多いという訳です。また足には爪があります。実はこの爪もケラチンの塊ですから爪水虫と呼び名がつくように爪にも水虫は繁殖します。

 

 

さらに感染確立は低くなりますが、髪の毛も表皮に刺さったようなかたちで生えていて、根元を表皮細胞で覆われています。表皮細胞はケラチンで出来ていますから水虫の好む環境になることもあるのです。頭の表皮にできる水虫には“しらくも”という名の水虫がよく知られています。ただ足の裏の水虫とちがうところは、頭皮は高温多湿な環境にはなりにくいという部分があげられます。

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード