水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫の豆知識 > 皮膚科の患者のおよそ10%が水虫患者だった

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

皮膚科の患者のおよそ10%が水虫患者だった

皮膚科の外来に訪れる患者のおよそ10%が水虫患者だということをご存知でしょうか。

 

水虫は非常に治りが遅く治療にも根気が必要な皮膚病です。医師も患者に対して根気良く治療をすすめるしか方法がありません。水虫患者がいくら完全な治療を希望しても、医師が根気負けしてしまうことも少なくないのです。

 

また水虫は生命にかかわる病ではありませんし、時間の経過とともにかゆみや水ぶくれの症状が治まっていきます。実際には角質層の奥深くで水虫が繁殖を繰り返していて保菌している状態は続いているだけですが。保菌している以上、あるタイミングでかゆみなどが再発することは必須の状況です。もしくは爪水虫のような頑固で最悪な水虫に発展してしまう恐れもあります。

 

でも皮膚科の医師のなかには診察をして水虫と判定したあとは薬を処方して終わりという医師もいるのです。すべての医師が安易な対応をしている訳ではありませんが、水虫だからと軽視していることもあり得るのです。

 

軽視する要因は「水虫は治りが遅いから」というところに因果関係がありそうです。

 

もしあなたが水虫に悩み本気で治したいと希望していたとします。しかもあなたは医師に対して勇気を持って水虫を明かしました。しかしその医師が真剣に受け止めてくれなかったらショックではありませんか?

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード