水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫の豆知識 > 水虫は皮膚病です

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

水虫は皮膚病

水虫は皮膚病の総称でして多くの場合は足白癬という皮膚病と考えられます。足白癬は皮膚糸状菌というカビ菌のなかでも白癬菌という菌が足の皮膚の角質層に侵食して繁殖することが一般的ですが、白癬菌は足以外の別の場所でも繁殖することがあります。白癬菌が繁殖した足は角質層がはがれる症状がよく知られていて、一般的には皮膚が剥がれる症状を水虫と判断することが多くあります。

 

足白癬を総称して水虫と呼び、水虫は立派な皮膚病です。

 

白癬菌を含むカビは梅雨から夏の高温多湿の環境が一番の繁殖期になり、その頃になると毎年おおくの方が水虫を発症します。また冬場の乾燥時期にはおさまっていた方も、この高温多湿の時期になると再発することも少なくありません。

 

 

足が白癬菌に感染しているかは皮膚科などの専門機関を利用して検査をすると簡単にわかります。一般的な検査ではカセイカリ鏡検法が用いられ、10分程度の時間で痛みもなく判別ができます。しかし医師のなかには水虫は全て白癬菌が原因だと決めつける場合もあり、他の皮膚病であったのに水虫の治療を続けたため症状が完全されなかったという食い違いのようないざこざが起こることもあるので注意が必要です。

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード