水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫の豆知識 > 水虫の水ぶくれ・かゆみの正体

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

水虫の水ぶくれ・かゆみの正体

水虫菌(白癬菌)が角質層に侵入すると皮膚は菌に反応して炎症を引き起こします。角質は通常28日周期で新しい角質層に変わりますが、夏季のような高温多湿の条件では、角質層に侵入した水虫菌は角質の再生スピードよりも速く角質層で増殖してしまいます。

 

人には外部より侵入したものを異物として排出する機能が備わっていて、この場合の異物(水虫菌)が体に侵入するとランゲルハンス細胞という体内の免疫細胞が水虫菌を発見します。そして異物と判断するとその情報をリンパ球に伝達します。すると体のなかのいろいろな免疫細胞が水虫菌の居る皮膚に集まり水虫菌を排除しようと撃退しにかかるのです。

 

これらが皮膚を赤くし炎症を起こしたり、水ぶくれとなって現れたり、かゆみが出たりするのです。

 

つまり体にある免疫細胞が敵を排出するために戦っている結果が皮膚の表面に現れ、水ぶくれ・やかゆみ・発疹という症状として現れるのです。結論ですが水虫の菌が体の異常を発生させているのではなく、体の免疫が異物を排除させるために起こっているという訳です。

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード