水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 水虫には初期から末期の4タイプがあります > 水虫の初期から末期の4タイプ

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

水虫を4タイプに分類すると

 

4つのタイプの水虫

 

水虫の症状を4つに分類しました。

 

あなたが解消させたい水虫は
どの症状になりますか?

 

水虫を解消させるはじめの一歩は敵である
水虫の症状をしることからですね!

 

 

 

 

「趾間型水虫」(しかんがたみずむし)

 

症状は足の指のまたの皮膚がふやけてはがれます。
また症状がすすむと皮膚が厚くなったり
ひび割れを起こす症状の水虫です。

 

この水虫はにおいます。

 

 

 

「小水疱型水虫」(しょうすいほうがたみずむし)
足の裏に小さな水ぶくれができる症状の水虫です。
かゆみが強くでる特徴があります。

 

足がむずかゆいです。

 

 

 

「角質化型水虫」(かくしつかがたみずむし)
足ウラの皮膚が厚くなりひび割れをおこす症状がでたり
足ウラに白い線ができたりする症状の水虫です。

 

 

 

「爪水虫」(つめみずむし)
水虫の症状が悪化するとツメが白くにごった感じに変色
したりツメの表面にスジがでることがある水虫です。

 

治療に1年ほどかかるやっかいな水虫です。
皮膚科だとのみ薬が処方されます。

 

この水虫は手のツメにもできるんですよ!

 

 

 

あなたはどの水虫でしたか?

 

わたしは趾間型水虫です。

 

4つの水虫の症状がわかったところで
つぎは症状べつに説明します。

 

 

 

4タイプの水虫をもっと知ろう!

趾間型水虫(しかんがた)

 

水虫の初期から中期

 

水虫の初期症状ともいえる趾間型水虫は高温多湿が大好き!

 

足のあいだから繁殖していきます。

 

足先が細くなった靴をはきつづけたり足指のすき間が
少ない方は趾間型水虫になりやすいです。

 

症状は指の間の皮膚がボロボロむけたり
皮膚が柔らかくなり白色になって
やがてふやけます。

 

症状がすすむと赤くただれた皮膚が
むき出しになることもあります。

 

そのほかの症状はひび割れも
趾間型水虫の特徴です。

 

 

見わけのむつかしい趾間型水虫

 

正直なところ趾間型水虫とほかの皮膚病を
見ためで判断するのはむつかしいです。

 

水虫は感染がひろがると他の菌も
繁殖させてしまうからです。

 

たとえば皮膚についているブドウ球菌などの細菌も
水虫が繁殖して皮膚がふやけて柔らかくなるのと
いっしょに繁殖してしまうことがあります。

 

水虫以外の菌のばあい水虫クスリを塗って
してしまうと症状が悪化してしまう場合も
あるので慎重に見きわめましょう。

 

 

わたしが利用した判別がむつかしい水虫にも使える
クスリやお酢とはちがうやりかたがあります。

 

そのときの実験内容がコチラです。

 

 

 

 

小水疱型水虫

 

水虫の初期から中期

 

趾間型の水虫が繁殖すると足のウラに小さな
とう明な水ぶくれができることがあります。

 

 

水ぶくれをつぶすと粘り気のある液体が出ますが無臭です。

 

この水ぶくれは免疫効果でカラダが異物の水虫と戦い
炎症をおこした結果のでかゆみなので水虫がかゆみ
を発生させているわけではありません。

 

炎症の少ない冬はかゆみがないこともあります。

 

液体のなかには多少の水虫菌がいますが
この液体が他の皮膚についたり他人に
ついて感染することはほぼありません。

 

しかしこの水ぶくれのはじめの頃は非常に
強いかゆみがでるやっかいな水虫です。

 

 

水ぶくれは足ウラに発生しますが足のウラ
いっぱいに広がることはありません。

 

 

小水疱型水虫を見わける方法

 

小水疱型水虫の水ぶくれは同じ大きさ
にはならないという特徴があります。

 

よく水虫と間ちがえられる水ぶくれは足のウラの広い範囲に大きさの
おなじ水ぶくれができる汗疹(あせも)の一種もあります。

 

さらに水虫以外の水ぶくれには中年をすぎる頃に多い「金属アレルギー」や
「慢性扁桃炎」が原因と考えられる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
という病気もあります。

 

この病気は水ぶくれや膿ほうは時間がたつとかっ色の
やや硬いはん点状に変化する症状が特徴です。

 

 

 

 

角質化型水虫

 

水虫の中期から末期

 

 

水虫を治療しないで放置すると現れる
のがこの角質化型水虫です。

 

皮膚の表面にある角質層が厚くなりかたくなります。

 

厚みを増した角質はひび割れをおこすこともあり
また白い線が足ウラにみられることもあります。

 

発症する場所はさまざまで足ウラのいち部で角質化が出るものや
足ウラ全体が角質化して亀裂がおこり乾燥したカチッコチの
皮膚の症状が出ることもあります。

 

この角質化型水虫の水虫は皮膚が乾燥している状態で
角質も硬化することから水虫が治ったのではないかと
勘違いしてしまうことがあります。

 

しかし水虫は確実に繁殖をくり返していますので
やがては爪水虫にまで発展してしまいやっかい
な状態になることがあるので注意が必要です。

 

とくに高齢者は皮膚の老化とともに組織が硬化する
傾向があるので加齢が原因だろうと治療せずに
放置されることが多いようです。

 

 

 

爪水虫

 

水虫の中期から末期

 

水虫の末期症状ともいえる爪水虫になると
爪の表面は変形して波打ったようになった
りデコボコした爪になります。

 

この状態は爪は破壊されていて水虫菌は爪のケラチンを取り込み
ほかの爪にまで繁殖すして爪が白く濁るといった症状が出ます。

 

しかしこの爪水虫になるとかゆみの症状はありません。

 

西洋医学的には非常にやっかいな水虫で治療も内服薬を
服用して時間をかけて治していくという方法が一般的です。

 

治療期間は症状の範囲や個人差はありますが
1年間ほどのクスリの服用は必要となります。

 

治療費もけっこう高額になります。

 

 

 

 

 

水虫の4つのタイプを説明しました。

 

水虫は初期の症状から徐々に重度な
症状に変化していきます。

 

角質化型や爪水虫にまで発展させてしま
うと治療に時間とお金もかかります。

 

そしてなにより足が非常に醜くなって
女性は素足を出せない状態に
なってしまうこともあります。

 

水虫は初期の症状で素早く
治療することがイチバンです。

 

決して放置しないようにしましょう。

 

ほったらかしがマズイんです!

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード