水虫 酢

皮膚科では教えてくれない水虫解消法 > 酢で水虫を解消したいとき > 一般的に知られている酢の水虫予防法

水虫マニュアルを検証

水虫の初期から末期

酢で水虫を解消したいとき

水虫の豆知識

最新記事

一般的に知られている酢の水虫予防法

酢を使って水虫を予防する方法は民間療法といい昔から行われてきた方法です。

 

この酢を使った水虫予防は家庭で水虫を予防する方法としては定番でもあり、一番効果のある方法とも言われています。

 

これから酢を使って水虫予防をしていこうと思われる方のために簡単たんな酢の使い方をご紹介しますので使える部分はご自由に活用ください。

水虫予防に使われる酢の種類

水虫予防に使われる酢で一番ポピュラーな酢はお料理などでも使う穀物酢です。餃子を食べるときの定番調味料ですね!

 

穀物酢が多く使われるようになったのは、やはり身近な存在でキッチンに行けばいつもあることからではないでしょうか。

 

また穀物酢の他にも多少値は上がりますが、木酢や竹酢、米酢というさらに殺菌効果が高く美容でも注目されている酢の種類があります。

 

特に木酢と竹酢にはフエノールという化合物が含まれていて水虫治療に有効な抗真菌性があることがわかったとの研究結果もあります。

 

追記しますが、竹酢には殺菌・消毒・抗炎症作用もあって水虫の症状で荒れた肌の炎症を抑えてくれる効果もあるとされています。

水虫予防の酢の使い方

いくつかの方法がありますのでご紹介しておきます。水虫予防にどれが一番よいと特定できる使い方はありませんので、ご自分に一番合った使い方で水虫予防をすることをおすすめします。効果のあったもの、楽な方法、継続できそうな使い方で判断するのがよろしいかと思います。

 

酢を活用した水虫解消法 希釈法

40℃から43℃のお湯を洗面器などに用意して酢を5倍から10倍に薄めたものを作ります。そのなかに足を1日1回30分〜60分浸しておきます。数回繰り返して足の皮が剥けるまで毎日行います。

 

皮が剥けたら状態を確認して水虫の症状が緩和されていれば成功です。あとは残りの水虫を完全に除去するためにも足を清潔にして、定期的な足裏のケアできれいな足を取り戻しましょう。酢は毎回交換する必要はありませんが、汚れてきたら取りかえます。

 

 

酢を活用した水虫解消法 原液法

ちょっと粗療法のように感じますが、酢を原液のまま使う方法も実際に紹介されています。希釈する場合と同じですが40℃前後に温めた原液の酢を作ります。

 

そのなかに足を10分程度浸します。このエクササイズを1日2回、毎日続けて足の皮が剥けてきたら経過を観察しましょう。原液の酢を使用するので皮膚の弱い方は足の状態をよく観察しながら、また長時間足を浸すのはおすすめしません。

 

 

酢を活用した水虫解消法 ビニール袋活用法

手の込んだやり方ですが、こちらもよく使われる水虫予防法です。2重にしたビニール袋に足を入れて、そのなかに40度程のお湯で5倍程に薄めた酢を入れます。

 

ちょうど足のくる節あたりまで酢液を入れたら足首をゴムで縛ります。そしてそのうえから靴下を履いて6時間から7時間浸しておきます。

 

その後は酢をよく洗い流して足を乾燥させます。その後の経過で足の皮が剥けたらそのまま水虫の状態を観察します。時間が必要なので休日に自宅で映画鑑賞や読書をしながらくつろいで行うと退屈しません。

 

 

酢を活用した水虫解消法 綿棒湿布法

部分的な範囲に水虫がある方には簡単な方法です。水虫の初期症状であれば、お風呂あがりにめん棒を使って水虫の幹部に原液の酢を直接塗布する方法があります。足を清潔にしてから酢を湿布することがポイントです。

 

 

酢を活用した水虫解消法 スプレー法

スプレーを100円ショップで購入して酢水をまんべんなく足に吹きかける方法もあります。酢の希釈度はお好みに調整して使います。こちらも足を清潔にしたあとの方が効果的なので、お風呂上がりの水虫予防には効果的でしょう。酢で皮剥きをしたあとのメンテナンスとしても使用できます。

 

 

 

酢で水虫を予防する方法はたくさんあります。どれが良くて、どれが悪いということはありませんが、ご自分に合う方法がどのタイプなのかを見極めて予防することが必要ですし、はじめから無理をして原液で長時間の粗療法を行うなんてことはおすすめしません。

 

病気のときに飲む薬だってそうですよね!いきなり副作用のある強い薬は使いません。水虫予防も同じとお考えいただき、弱い方法から試して効果を観察することがトラブル防止になります。

Copyright  皮膚科では教えてくれない水虫解消法  All Rights Reserved
デイトレード